2008.07.11 生活アドバイス | メディア情報 | 友人関係 | 人生の悩み

人づきあいがとても苦手

【お悩み】:私は四十五歳の主婦で、夫は会社員です。
長男は大学生、長女は高校二年生です。
夫は穏やかな性格で、夫婦や親子にこれといって大きな問題はなく、他人から見ればうらやましいと思われるような家庭だと思います。

しかし、悩みは私の中にあります。私は家の中でひとりで家事をしたり内職をするのがとても好きで、長時間一人でいることになんの苦痛も感じません。
しかし、外へ出て人と話したり、大勢の人の中で何かをすることに大変疲れを感じてしまいます。

私がこんな性格なのに、子供たちは学校を嫌がることもなく、たくさんの友人に恵まれ、うらやましく思ってしまうほどです。

これからの人生を豊かに過ごすために、また、周りとの人付き合いを上手にしていくためにはどのようにしたら良いでしょうか。アドバイスをお願いいたします。
(滋賀県大津市 N子)

 

328号相_200807_人づきあいがとても苦手

【アドバイス】:お子さんたちを上手に育てられ、ご主 人も穏やかでまじめに働いてくれる…大変恵まれた家庭生活を送っておられることは、ひとまずは安心ですね。

しかし、人からは幸せそうに見えても、個人の中にある悩みはわかってもらえないものです。
お子さんたちは人付き合いも上手で、友人にも恵まれているということは、あなたにもそのように人と上手に付き合える要素を持っている、ということです。

逆を言えば、お子さんたちはあなたとご主人の長所を受け継いで、性格のよいお子さんに育ったのでしょう。
親としてこれほど幸せなことはありません。子供は共感されることで生きるエネルギーを獲得し、父親を尊敬することで社会性が育ちます。

お子さんたちに社会性が備わっているのは、あなたがご主人を上手に演出し、いい父親像をお子さんたちに伝えられたからだと思います。
そのような心配りのできる自分に自信を持ってください。

そのためには、ご自分の長所を知ることが大切です。
一日に三つ、一週間にわたって毎日自分の良いところや美点を見つけて書きとめていくと、今まで気がつかなかった新たな自己発見や自己改革へのヒントが見い出せます。

そして、いきなり多くの人たちと上手にお付き合いしようと思わずに、まずは外出した時、近所の方に明るい笑顔で挨拶をすることから始めましょう。

挨拶は相手が気分よくなるだけではなく、自分の発した快い言葉が自分へと戻ってきて、あなたの心に元気を与えてくれます。
するとパワーが湧き、自然と自信になっていきます。
それを繰り返すことで、少しずつ人との会話や人混みも苦にならなくなっていくと思います。

また、腹式呼吸を学習し身につけると、自律神経が強くなって気持ちも安定します。幸せな家庭が土台にあるのですから、どうぞ焦らず、じっくりと取り組んでみてください。
今ある足元の幸せを噛みしめながら、その時、その時を楽しんでいくと、きっと新しいあなたと出会えることでしょう。

【月刊「すこ~れ」 328号 〔すこ~れ相談室〕より】