2013.08.31 生活アドバイス | 子育ての悩み

長女の夜泣きがひどく精神的に参ってしまう

【お悩み】:7ヵ月の長女のママえりかさん、29歳からの質問です。

待望の赤ちゃんに恵まれて、初めての子育てにがんばっています。

長女は寝つきが悪いうえ、夜泣きもひどいため、わたしはじゅうぶんな睡眠がとれません。体力的、精神的に参っています。どうしたらよいでしょうか?

20130831_%e9%95%b7%e5%a5%b3%e3%81%ae%e5%a4%9c%e6%b3%a3%e3%81%8d%e3%81%8c%e3%81%b2%e3%81%a9%e3%81%8f%e7%b2%be%e7%a5%9e%e7%9a%84%e3%81%ab%e5%8f%82%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%97%e3%81%be%e3%81%86

【アドバイス】:思いどおりにいかない中、たいせつなご長女の子育てに励んでいるあなたは、立派なヤングママですね。

この時期、赤ちゃんは心がとても不安定になっていて、その気持ちを泣くことで伝えているのです。

そんなとき必要なのは、「共感の愛」なのです。

赤ちゃんに必要な共感の愛とは、具体的には次の事柄です。

・自分の誕生を喜んでくれる両親や周囲の人々の存在

・愛情をこめて見つめてくれる母親・父親のまなざし

・ほおずり、抱っこ、授乳

このようなゆたかな共感体験が情緒の安定につながるのです。ですから、これからは、何をするときも言葉がけを忘れないでください。

赤ちゃんが泣いたり、ぐずるとき、「おなかが空いたの? おっぱいがほしいの?」 「おむつが濡れたのかな」 「おんぶしておもてを歩いてみようかな」。

おっぱいをあげるとき、しっかりと心をこめて抱っこして長女の目をみつめ、笑顔で、「おいしい? たくさん飲んでね」 「あなたはママの宝物よ」とやさしい言葉をかけてください。

授乳に限らず、スキンシップはからだに栄養を与えるとともに、心にも共感の愛という栄養を与える大切な時間です。

心の栄養が満たされてくると赤ちゃんの心も安定するでしょう。

どんな母親もいちどは体験して、卒業したことですから、安心して子育てを楽しんでくださいね。

【FMさがみ放送〔スコーレ・スコーレ・スコーレ〕より】