2010.10.22 生活アドバイス | 子育ての悩み

実家に預けたあとオムツに戻ってしまった3歳の子供

【お悩み】:トイレで排泄できていた三歳の子供を実家に預けたら、オムツに戻ってしまいました。どのように受け止めればよろしいでしょうか?

355号子_201010_実家に預けたあとオムツに戻ってしまった3歳の子供      355号子_201010_実家に預けたあとオムツに戻ってしまった3歳の子供2

【アドバイス】:赤ちゃんは成長と共に自然に、あるいは親の生活習慣の中で体のリズムができます。そして、お母さんとの優しい関わりの中で心が育ち、母子の信頼関係と共に安定していきます。母と子の心と体が深くつながっており、実家とはいえ、まだ小さな子がよそに預けられると、不安や緊張感、寂しさなどが無意識のうちに体に表現されます。

排泄に関しては、何かに夢中になっていて失敗することもまだある時期です。今の状況がずっと続くことはありませんので、オムツに戻ったことを心配するより、わが子からの愛しいメッセージとして受け止め、抱きしめてあげてください。

親は自分の都合や感情を子供に押し付けたり、子供の成長・発達のリズムに合わないことを無理強(じ)いすることがありますが、子供はいくつになっても、親に心の安らぎを求めます。

寂しさを感じている子供は、親の気を引くためにわざと怒られるようなことをしたり、駄々をこねたりもします。

子供との共感の愛で心が伝わった時、子供は我慢もできるようになります。今が大切な時期ですから、母子のしっかりとした絆(きずな)を作ってください。

【月刊「すこ~れ」 355号 〔子育て一口アドバイス〕より】