2017.04.04 生活アドバイス | 子育ての悩み

友だちを叩く一人っ子の2歳娘

【お悩み】:一人っ子の2歳の娘は、友だちをすぐ叩きます。母子2人で過ごすより、友だちと 遊ばせたいのですが、仲良く遊べずイライラします。

【アドバイス】: この頃の子どもは、まだ自己中心的で相手の気持ちを思いやることはできません。

ましてや言葉でお互いのコミュニケーションをとることもままなりません。

自分の欲しいおもちゃがあれば、友だちのものであろうが構わず取ってしまいますし、自分の
好きなおもちゃは貸すことができません。

というように、自分の思い通りにならないことが起きると、どうしても実力行使となってしまうのでしょう。

だからといって友だちと遊びたくないというわけではありません。上手に遊ぶことはできないけれど、一緒にいるだけで楽しく刺激し合っているものです。

乱暴が目に余るようでしたら、ちょっと気持ちをそらしてあげたりして、楽しい気分に戻れるよう促してあげましょう。

しかし、友だちと遊ばせることばかりに気を取られ、お母さんとお子さんとの大切な時間を
おろそかにしていないでしょうか?

家の中のストレスを外で発散することもあります。

そんな気配を感じたときは、しっかり抱いて思い切り甘えさせてあげましょう。

特に三歳頃まではスキンシップ、心地良い言葉かけ、微笑をたっぷり与えることで

「私はお母さんから愛されている」と確認できると、子どもは安心して安らぎます。

【月刊「すこーれ」300号〔子育て一口アドバイス〕より】