2010.11.22 生活アドバイス | 子育ての悩み

イライラして3歳の娘を叩き、自己嫌悪に陥ってしまう

【お悩み】:イライラすると、いけないと思いながら三歳の娘を蹴(け)ったり叩いたり、叱り過ぎてしまいます。その後、自己嫌悪に陥って辛くなります。

356号子_201011_イライラして3歳の娘を叩き、自己嫌悪に陥ってしまう2       356号子_201011_イライラして3歳の娘を叩き、自己嫌悪に陥ってしまう

【アドバイス】:頭ではわかっていても、感情を抑えきれずに子供を叩いてしまう。そして、泣きつかれて寝てしまった子供の寝顔を見ながら、やりきれない思いにさいなまれる……。こんな経験は、あなた一人ではありません。

でも、それが度重なると、親子の信頼関係が損なわれてしまいます。三歳頃までの母子の関わりは、その後の性格形成にもっとも大切な時期です。抵抗できないまま蹴られ、叩かれた時のお子さんの恐怖心を想像してみてください。体罰や冷たい言葉ばかり受けた子供は萎縮し、怯えた表情になっていきます。

まず、お子さんをギュッと抱きしめて「あなたが大好きよ。お母さんの宝物よ」と言ってください。それを毎日行なうのです。きっとお子さんは満たされ、嬉しそうに微笑むことでしょう。その表情にお母さんの心も和み、微笑みのキャッチボールができたら、それができた自分自身もほめてあげましょう。

また、あなたと同じような子育て中の方や、子育てを終えた先輩が集う共同学習に参加してみることもひとつの方法です。子育ての悩みを分ち合い、心がリフレッシュされてゆとりができた分、自然と家族にやさしくなれます。

【月刊「すこ~れ」 356号 〔子育て一口アドバイス〕より】