2017.04.03 生活アドバイス | 子育ての悩み

仲間はずれの小5の娘

【お悩み】:小5の娘は、学校でどのグループにも入れてもらえず、ひとりでいるようです。 帰宅後も元気がなく、学校でのことを話してくれません。

【アドバイス】: 自分の子どもが仲間はずれにされて、寂しそうにしていると思うと、親としては心が痛みますよね。

 
そこで、お子さんが学校から帰ってきたら一緒に買い物に行ってみたり、近くの公園で散歩するなどして、お母さんとお子さんの2人だけの時間をつくり、どんな会話でもよいので話してみましょう。

そしてお子さんの方から話をしてきた時は、じっくり話を聞き、少しオーバーなぐらい共感してください。
 

そして長所も口に出してさりげなくほめながら、お母さんといる時間がとても楽しいと思える ようにしてみる工夫が必要です。

忙しい時などは、手紙の交換もよいでしょう。
手紙の最後には必ず「お母さんはあなたが大好き。宝物よ」という言葉も添えるといいですね。
 

子どもは1人も友だちがいなくても、お母さんが自分の味方であり、気持ちをわかってくれる、守ってくれる、という確信がもてると、友だちに少々のことをされても立ち直ることができるのです。

お子さんの中にエネルギーがわいてきて、今までとちがう雰囲気を持つようになると、仲間はずれにしていた友だちも、自分たちの方から話しかけてきたりするものです。

ぜひ努力してみてください。

【月刊「すこーれ」289号〔子育て一口アドバイス〕より】