2011.04.22 生活アドバイス | 子育ての悩み

おもちゃを手当たり次第欲しがる三歳の一人息子

【お悩み】:三歳の一人息子は、私たち夫婦や祖父母が何でも与え過ぎたため、おもちゃを手当たり次第欲しがって大騒ぎをします。

361号子_201104_おもちゃを手当たり次第欲しがる三歳の一人息子1      361号子_201104_おもちゃを手当たり次第欲しがる三歳の一人息子2

【アドバイス】:大事な一人息子として、両親や祖父母から可愛がられ、慈しんで育てていらっしゃるのですね。家族のみんながお子さんを喜ばせてあげようと、次々と新しいおもちゃを買い与えた結果、自分が要求すればいつでも手に入るのだ、というパターンが身についてしまったのです。

せっかくもらったおもちゃも、次から次へと与えられると、粗末に扱ってしまう子になるのは当然のことではないでしょうか? たくさんたまったおもちゃは、施設などにプレゼントしてはいかがでしょう。お子さんと一緒にお持ちして、喜んでもらえることを教えるのもよい方法の一つです。

また、子供の心に “待つ喜び” をいかに育てるかも大切です。

たとえば、いつもは買い与えず、ちょっと豪華なおもちゃを、誕生日やクリスマスなどまで待たせ、やっと得られた喜びを共に味わうのです。

お母さんやお父さんの笑顔や、やさしい言葉が、子供にとって大事な心の栄養となります。おもちゃより心を満たすお母さんの愛情で、キリのない欲求から解放してあげてほしいです。

【月刊「すこ~れ」 361号 〔子育て一口アドバイス〕より】