2009.10.22 生活アドバイス | 子育ての悩み

生まれたばかりの長男を叩く2歳半の長女

【お悩み】:二歳半の長女は、生まれたばかりの長男を叩いたり、寝ているのを起こしたり。ダメと言ってもきかず、泣くことが増えて困っています。

343号子_200910_生まれたばかりの長男を叩く2歳半の長女     343号子_200910_生まれたばかりの長男を叩く2歳半の長女2

【アドバイス】:二歳半というまだまだ甘えたい時期に下の子が生まれると環境が大きく変わり、お母さんは授乳やオムツの取り替えに時間を取られます。上の子は「ちょっと待ってね」と言われることが増え、淋しい気持ちや不安がいっぱいになって、些細なことで泣いてしまったり、「お母さんが振り向いてくれるようなことをすればいいんだ!」と思うのです。二歳半では赤ちゃんの扱いも加減もわかりません。あやしたつもりがお母さんに怒られる。何で怒られたかわからないまま、また叱られる……。

上の子は、自分の思いを満たしてくれるお母さんを求めています。優しく笑ってくれるお母さんの笑顔が見たいのです。

どうか、赤ちゃんが泣いている時でも、上の子が何かを要求していたら、手を止めて聞き、答えてあげてください。「ジュースが欲しいの? わかったわ」など、自分のことを見ていてくれると分かれば満足して安定し、素直になれるのです。

おやつを食べる時は上の子から与え、「お姉ちゃん、お願いね」

「ありがとう。助かったわ」など親から頼られ、信頼されることで弟や妹を思いやる心が育ち、下の子も兄姉を敬う心が身について、いつまでもきょうだい仲良く助け合ってくれます。

【月刊「すこ~れ」 343号 〔子育て一口アドバイス〕より】