2013.10.19 生活アドバイス | 子育ての悩み

幼稚園年長の娘が友達と遊ばない

【お悩み】:厚木市の働くママ、ようこさん32歳からの質問です。

幼稚園年長の娘は、自分から友達と遊ぼうとしません。一緒に遊びたいらしいのですが「いやだって言われるのがこわい」と泣いてしまいます。

どうしたらよいでしょうか?

      

【アドバイス】:いっしょに遊びたくても断られるのがこわくて、自分から誘えないのですね。

人にはそれぞれ生まれ持った性格があります。では、マイナス思考のお子さんにはどのように接したらよいのか。

まず大切なことは「子どもに共感」してあげることです。励ましや適切なアドバイスも欠かせません。

たとえば子どもが、「大好きなお友達と遊びたいのに遊べなかった」と話した時「ちゃんと誘わなかったからじゃない?」ではなく「そう、遊べなくて寂しかったね」と子どもの気持ちに合わせることです。

しゃがんで、「寂しかったね」、「つらかったね」、「そうだね」と子どもの目の高さに視線をあわせ子どもの目を見ながらうなずくと子どもは不満やストレス、心配事を吐き出すことができます。

同時に、お母さんに気持ちをわかってもらえたことで安心し、お母さんへの信頼も育ちます。お母さんは、おおいにプラス思考で振舞ってください。

お母さんのプラス思考が、子どもにもよい影響を与えます。子どもへの話しかけも「早く」「ダメ」「なになにしなさい」のマイナスの言葉ではなく「大好きよ」「宝物よ」「そうだね」「すごいね」など、プラスの言葉を心がけてください。子どもはマイナス思考からプラス思考に変わり少しずつ自信をもてるようになりますよ。

【FMさがみ放送〔スコーレ・スコーレ・スコーレ〕より】