2013.11.16 生活アドバイス | 子育ての悩み

小5の長女に何でも頼み過ぎてしまい、元気がなくなる

【お悩み】:3人のお子さんを持つ、町田市のあいこさん46歳からの質問です。

わたしには中2の長男、小5の長女、小1の次女、3人の子どもがいます。

アドバイスいただきたいのは、長女のことです。わたしは子どもに何かを頼むとき、悪いとは思いつつ、いつも頼みやすい長女に声をかけてしまいます。そのせいか、最近は長女から笑顔が消え、口数も少ないのが心配です。

【アドバイス】:いつも明るく、話が大好きな子どもから笑顔がなくなり、おしゃべりもしなくなったら心配ですね。

家の手伝いをお願いする際、いやがらず、ある程度頼りになり、たのみやすい子にお願いすることはどこの家庭でもよくあることです。

笑顔が消え、口数が少なくなった、という長女の変化は、お母さん「もっとわたしの気持ちをわかって」、「わたしをちゃんと認めて」、というサインではないでしょうか。

そんな長女の思いを理解してあげましょう。お手伝いを頼んだ時は、「いつもありがとう。あなたのおかげで助かっているわ」と、感謝の気持ちを必ず伝えてください。

そして、散歩や買い物、食事などふたりだけの時間を作るように心がけてください。大切な時間をわたしのために使ってくれるお母さんに愛を感じ、失いかけていたエネルギーが長女の心に充電されます。

明るい笑顔が戻ってくる日もすぐそこです。

【FMさがみ放送〔スコーレ・スコーレ・スコーレ〕より】