2017.04.04 生活アドバイス | 子育ての悩み

言われないと行動できない

【お悩み】: 小学校に上がった息子は、起床、身支度、食事まで、私が言わないと行動が
できません。何をするにもゆったりリズムで困っています。

     

【アドバイス】: 幼稚園時代のゆったりリズムでは困る!
その気持ちはよくわかります。

しかし、お母さんが必要以上に心配することは、子どもにプラスにはなりません。

子育ては長い年月をかけて、親と子が共に成長していくもので、大事なことは、性格の良い子に育てることなのです。

それには、良い習慣の中で育て、身につけさせていくことが大切です。

子どもは大人と違い、テンポは遅く、ゆっくりなのです。お母さんは、口癖のように「早く」「早く」と急きたててはいませんか。

この言葉に子どもは、やる気を失い、お母さんが言わないと何もできない指示待ち人間になってしまう要因となります。

今、子どもの数が少なく、お母さんたちが一人の子どもに過干渉になり、何事にも口を出しすぎます。

もっと子どもの気持ちを思いやり、ゆっくりでも一生懸命一つのことに取り組む姿勢が大切なのです。

これからは、子どもの言葉や行動を受け入れてあげてください。そして、お母さんは誰よりも
早く起き、家族に明るく挨拶を交わし、心穏やかに1日のスタートを始めるように努力してください。

子どもは、親の言葉や姿勢から、良い習慣を身につけていきます。少しでも身支度や食事が
スムーズにできたら、心からほめてあげてください。

 

【月刊「すこーれ」280号〔子育て一口アドバイス〕より】