2008.12.11 生活アドバイス | メディア情報 | 嫁姑問題

毎日顔を合わせる姑と義姉にイライラ

【お悩み】:長男一歳九ヵ月、二男三ヵ月の二児の母親です。
夫の両親と祖父、私たち夫婦と子供たちの七人家族で、夫は義父が営む会社で働いています。
実家は会社の隣がありますが、同居するには狭いということで、二階の事務所を改装して私たちの部屋にしています。

私が朝、子供と一緒に夫を見送っていると、待っていたとばかりに姑も出てきて「○○君、○○君、いってらっしゃーい!」と手を振ります。
姑は近くに住む義姉を含む事務員と共に仕事をしていて、息子である夫と顔を合わせることも多いのに、姑のそのような姿に引いてしまいます。

気分が悪くなり、イライラすることもたびたび。受け入れられない状況の中で、昼食は一緒にとらなくてはいけません。

二男を出産した時は実家に戻らず、二人の子供の面倒をみました。お陰様で夫は家事を手伝ってくれるようになりました。

姑は時々、長男を見てくれるのですが、喜んでついていく長男に寂しさを感じます。
戻ってきた時に私が二男を抱いていると、名前を読んでも目をそらして離れたり、言うことを聞かなかったり、つい強く叱ってしまいます。

義姉が姑に子供を預けて出かけたり、一緒に買い物に行く姿を見るといろいろ考えてしまい、涙が出ます。
家事はすべて中途半端になり、自分を責めてしまいます。私はどのようにしたらよいのでしょうか。
(富山県黒部市・N子)

333号相_200812_毎日顔を合わせる姑と義姉にイライラ

 

母の愛に勝るものはない

【アドバイス】:結婚して新しい家族関係の中で生活を始め、義父母さんとのかかわりの中で色いろな思いになるあなたの気持ちはよくわかります。

二人目の出産でも実家に頼らず、一生懸命頑張ったあなたにとって、義姉さんの姿はとてもうらやましく、寂しい思いをされたのですね。
実家のお母さんに甘えたい、頼りたい気持ちを抑え、産後の大変な時期を乗り越えて心も体も頑張った分、今はゆっくりとした気持ちで過ごされてはいかがでしょう。

幸い、ご主人はあなたとお子さんとの生活を大切にされ、家事や子育てに協力的とのこと。
やさしいご主人に心の内を聞いてもらい、お姑さんにはどうぞお願いしますという気持ちでお子さんを見てもらうとよいのではないでしょうか。

あなたがお子さんとちょっと離れただけでも寂しくなったり、複雑な思いをされる気持ち……二十数年間いつくしんで育ててきた息子の気持が、すべて嫁であるあなたに向けられるお姑さんも、どんなに寂しいことでしょう。

また、おばあちゃんであるお姑さんがどれほど孫を可愛がっても、母であるあなたに勝るものはありません。
母と子は、深いところでつながっています。お子さんとの信頼の絆をより強くするために、二人のお子さんに「お母さんは○○ちゃんが大好き。宝物よ」と毎日抱きしめながら言ってあげてください。
あなたの愛はお子さんの心と体にしっかりと伝わります。

お母さんの笑顔やスキンシップで、お子さんの表情や表現はどんどん変わっていきます。ゆっくり楽しんで子育てされますよう応援します。

【月刊「すこ~れ」 333号 〔すこ~れ相談室〕より】