2017.03.30 生活アドバイス | 子育ての悩み

受験態勢に切り替えない長男が心配

【お悩み】: 私は3人の子どもを持つ母親です。子どもは長男、長女、二男です。中学3年生の長男のことでご相談します。

夏休みが終わり、2学期も始まりましたので、そろそろ本腰を入れて受験勉強にとりかかるのかなと思っていたのですが、とんでもありません。

本人は今、部活のことで頭がいっぱいのようで、部活で1日が終わってしまっています。

今までは、学校生活が楽しいのは何よりで、部活に熱心に取り組む姿も、応援する気持ちで見守っていました。

 
しかし、さすがにこの時期になっても、ちっとも受験態勢に切り替える様子のない息子を見るたび「勉強は?」と言いたくなって仕方がありません。

私の気持ちを少しは察しているのか、「部活が終わったら受験勉強をするよ」と言うのですが、母親としては大変気がかりです。

息子の友だちは、受験に向けて一生懸命勉強しているように見えます。

 

息子だけがのんびりしていて、このままでは希望校を受験することすら難しいのではないか、
もっとやかましくハッパをかけたほうがよいのではないか、と悩んでいます。

【アドバイス】: ここはグッとこらえ見守ってください

目の前に高校受験を控えておられる息子さんをお持ちで、さぞご心配も大きいことと思います。

しかも親子で初めての受験。ご自分の時代とはシステムも状況も変わっていて、戸惑うことがおありでしょう。

情報収集すればするほど、心配もふくらんでいくかもしれません。

母親にとって、子どもの苦しみをそばで見守るだけの状態ほど辛いことはありません。

 
息子さんと代わってあげたいと思われるかもしれませんが、受験されるのは息子さん本人です。

息子さんは、部活を引退したら受験勉強をすると心に決め、目標を立てているようです。

それでしたら、ここで口うるさく言いたい気持ちをグッとこらえ、やさしい目で見守ってあげてはいかがでしょうか。

息子さんのこれからの人生には、山があり、谷があると思います。いつまでも母親を頼ってくることはないでしょうし、また頼られたところで助けてあげられることには限りがあります。

自分の力で何とかしなくてはいけない厳しい状況になった時に、思い出すのはお母さんの笑顔だと思います。

お母さんの笑顔は、息子さんたちの生きるエネルギーになります。
苦しい時ほど、笑顔で接してあげましょう。

時がきたら、部活で燃やした熱い力を受験勉強に向けるのではないでしょうか。

お母さんが心から自分を信頼してくれ、あえてだまって気にかけてくれていると思うと、子どもは自信と勇気がわき、もっている力を出し切ることができます。

最後まで息子さんを信じて、温かく見守ってあげてください。

【月刊「すこ~れ」 307号 〔すこ~れ相談室〕より】