NEWS&TOPICS

2018.10.23

広報誌『スコーレフレンズ』が創刊、第2号も好評

〝スコーレと社会の人々をつなぐ懸け橋〟をコンセプトとした広報誌『スコーレ フレンズ』(A5サイズ、カラー8ページ、季刊、フリーペーパー)が、7月に創刊されました。表紙絵は、人気イラストレーターの木下綾乃さんに、親しみのあるかわいいイラストを描いていただいています。誌面は巻頭インタビュー、スコーレ協会の活動の紹介、子育ての悩みに答える誌上カウンセリングで構成しています。

創刊号の表紙は、手をつないで微笑み合っている男の子と女の子を、一輪の花をくわえた子犬がながめているイラスト。内容は「ありがとうを忘れない」をメインテーマとして、巻頭では世界的ピアニスト・仲道郁代さんに話をうかがいました。今年22歳になるお嬢さまを育てられたご自身の体験を振り返り、子育て中の生活は全部「ありがとう」で成り立っていたと、周囲への感謝を語っていただきました。協会の活動紹介は、「町田市民文学館 ことばらんど」(東京)で開かれたスコーレのセミナーを取りあげています。

第2号は、黄葉したイチョウの葉の色を表紙カラーに配し、バゲットが入ったショルダーバッグを抱えたお母さんに娘2人が寄り添うイラストで飾りました。テーマは「“こんにちは”から、なにかが始まる」。神奈川県相模原市でパン教室「toiro(トイロ)」を主宰している2児のお母さん・幸栄(ゆきえ)さんを取材しました。仕事や子育てで感じた挨拶の効用と大切さが伝わってきます。協会の活動の紹介は、川崎市の高津市民館で行われたトレーニングの模様をレポートしています。

次号は12月末発行予定です。

『スコーレ フレンズ』をご希望の方は、
普及本部 担当:森 042-707-4500 までご連絡ください。