NEWS&TOPICS

2019.06.10

今月のことば(7月)~幼い頃からの習慣

幼い頃から、私は読書好きの子であった
我が家には、父の好みで
今でいう歴史小説、当時は‟講談”の本が多くあった
父自身もまた、普段は無口な人なのに
それらについてはよく話してくれた

昔の本は漢字が難しく、ルビもついてなかった
しかし、文章全体の意味は
なんとなく解(わか)ることができ
面白くて読みふけった
「読書ばかりしないで、もっと勉強しなさい」
と、母から叱られたこともあったが
直ることはなかった

高校の頃からは
歴史的なものから一般の小説類も読むようになり
日本文学から海外のものまで
乱読するようになった
こうした読書好きは今も直らない
困ったものだ(?)

豊水