NEWS&TOPICS

2018.09.10

今月のことば(10月)~子どもの私を変えたもの

わたしは子どもの頃
食べ物の好き嫌いが激しく
そのことで親をずいぶん困らせたものである

もともと、比較的おとなしく
勉強もほどほどに出来て
友達と喧嘩することもない
いわゆる‟良い子”であった

しかし、食べ物の好き嫌いについては
母親が時折、愚痴をこぼすほどに
ひどかった

そんな私が中学生になってから
ニンジンやネギ、タマネギなど
苦手としていたものを食べようと
心がけるようになった

きっかけは、学校で立場を
与えられるようになったからである

当時は、生徒間の選挙より
先生の指名で決められることが多かった
なぜか、教師間の評判が良い私は
何かにつけて良い役回りを与えられていた

しかし、そんな状況が自分自身への
厳しい自覚を生んだことを思う
「これではいけない」
今の立場にふさわしい自分になろう、と

高校の頃には、何でもほぼ食べるようになった

豊水